紅茶の種類  2 ダージリンの香りとコク
☆世界の紅茶生活
イギリスの紅茶生活        ⇒インドの紅茶生活     ⇒スリランカの紅茶生活
ロシアの紅茶生活 part1     ロシアの紅茶生活 part2  ⇒フランスの紅茶生活        ⇒中国 台湾の紅茶生活  ⇒ジャワ・マレー半島の紅茶生活
〇おいしい紅茶の種類
  2 ダージリンの香りとコク
 
 紅茶にあまり詳しくなくても、ダージリンという名前をしっている人は多いと思います。ダージリンはまさに紅茶を代表する産地であり、茶葉であります。
 なぜこんなに有名なのでしょうか。
 それにはちゃんとした理由があるのです。
 まず、香りが抜群によいこと。その香りはよくフルーツや花にたとえられます。フルーツであればマスカットに、花であればスミレやスズランをイメージされます。
 味わいの面でも、ほかの茶葉とはかけ離れています。強い刺激的な渋みを持ち、背筋がピンとするような、すっきりとした味わいです。ダージリンティーはよく「紅茶のシャンパン」と呼ばれますが、それは味のすっきり感や清涼感に加えて、マスカットフレーバーを持つことからきているのです。


 ダージリンティーは、ほかの茶葉と比べて味や香りが格段にいいです。それはこの地方の気候や環境、それに中国種茶樹ということも一因となっています。茶葉につかわれるのはインド茶(アッサム茶)が多いですが、アッサム種が栽培され始めたこと、ダージリンには中国種が植えられました。インドでは育たないといわれた中国種が唯一この地だけで成長し、現在ものこっているのです。
 ダージリン地方にはヒマラヤ山脈からふけつける風と照りつける太陽があるためです。とくに6月から8月までには深い霧がかかります。この霧をサッと風が飛ばし、葉についた水滴が直射日光を乾かします。この気候ゆえに中国の茶葉を栽培できるのです。 
 ダージリンティーは、香り、味、水色の3つが奇跡的にバランスよくつくられた茶葉なのです。
☆世界の紅茶生活
イギリスの紅茶生活        ⇒インドの紅茶生活
スリランカの紅茶生活
ロシアの紅茶生活 part1     ロシアの紅茶生活 part2
フランスの紅茶生活        ⇒中国 台湾の紅茶生活
ジャワ・マレー半島の紅茶生活

紅茶ってなに?
紅茶の歴史
紅茶の種類
ブランド紅茶
おいしい入れ方
世界の紅茶生活
紅茶の健康効果


〇おいしい紅茶の種類
・ダージリン(1)(2)(3)(4)(5)
 1 ダージリンとは?
 2 ダージリンの香りとコク
 3 ダージリンの歴史
 4 ダーリンの旬
  4-1 ファーストラッシュ
  4-2 セカンドフラッシュ
  4-3 オータムナル
 5 ダージリンの茶園
  5-1 ジュバンナ(ジャンパナ)
  5-2 キャッスルトン
・アッサム(1)(2)(3)
 1 アッサムとは?
 2 アッサムはミルクティーに最適
 3 アッサムの歴史
・ニルギリ(1)(2)(3)
 1 ニルギリとは?
 2 ニルギリは利用方法が幅広い
 3 ニルギリの歴史
・ウバ(1)(2)(3)
 1 ウバとは?
 2 ウバは強い渋みと水色の濃さ
 3 ウバの歴史
・ヌワラエリヤ(1)(2)(3)
 1 ヌワラエリヤとは?
 2 ヌワラエリヤは渋み香りの強い
 3 ヌワラエリヤの歴史
・キャンディ(1)(2)(3)
 1 キャンディとは?
 2 キャンディはアイスティーに最適
 3 キャンディの歴史
・ディンブラ(1)(2)(3)
 1 ティンブラとは?
 2 ティンブラを楽しむ
 3 ティンブラの歴史
・キーマン(1)(2)(3)
 1 キーマンとは?
 2 世界三大銘茶の一つ キーマン
 3 キーマンの歴史
・アールグレイ(1)(2)(3)
 1 アールグレイとは?
 2 アンティークな紅茶アールグレイ
 3 アンティークの歴史
・ルフナ(1)(2)(3)
 1 ルフナとは?
 2 ルフナの歴史
・ジャワ(1)(2)
 1 ジャワとは?
 2 ジャワの魅力
・ラプサンスーチョン1)(2)(3)
 1 ラブサンスーチョンとは?
 2 ラブサンスーチョンの味わい
 3 ラブサンスーチョンの歴史
・ケニア(1)(2)(3)
 1 ケニアとは?
 2 ケニアの生産
 3 ケニアの歴史