〇紅茶種類について  キャンディ(1)(2)(3)
☆世界の紅茶生活
イギリスの紅茶生活        ⇒インドの紅茶生活     ⇒スリランカの紅茶生活
ロシアの紅茶生活 part1     ロシアの紅茶生活 part2  ⇒フランスの紅茶生活        ⇒中国 台湾の紅茶生活  ⇒ジャワ・マレー半島の紅茶生活

●キャンディ(1)(2)(3)

 1 キャンディとは?
 キャンディ紅茶の故郷、スリランカの古都キャンディは日本の京都・奈良のような、王国の伝統・文化・歴史が息づく静かな古き良き町こそがキャンディです。セイロン紅茶の歴史は、古都キャンディから始まりました。
 紅茶の神様と称されるスコットランド人ジェームズ・テーラーがこの地にアッサム種の苗を植え、わずか1,2年で茶木栽培に成功したのが発端です。キャンディ紅茶は、標高400〜600mの山丘地帯で採れるロウグロウンティーの代表格です。

 2 キャンディはアイスティーに最適
 標高400から600メートルに位置し、スリランカで最初に紅茶がつくられた場所がある。
 「紅茶の神様」といわれるジェームズ・テーラーが茶園をつくったスリランカの中央にある都市、それがキャンディです。
 かつてはコーヒー園だった山岳地帯を使って、農園の跡地に茶樹が植えられました。
 テーラーが紅茶の栽培を成功させると病気でかれたコーヒーの木は次々と倒され、代わりに紅茶の木が広がっていきました。
 いまでも街の中にあるペラデニア植物園には、アッサムから持ち込まれた茶の苗木と種が植えられています。
 ロー・グロウンで栽培するキャンディ茶は風味や個性がかなり弱くなっています。


 3 キャンディの歴史
 キャンディ近郊のペラデニアに、世界最大の広さを持つペラデニア大学があり、ここの植物園に1839年、茶の種が植えられたのが、スリランカの茶の始まりです。この頃、スリランカはコーヒーの一大産地でした。1852年にスコットランドから17歳の青年がセイロン島にやってきました。彼がここに来たのは、コーヒー農園で働くためでした。彼こそが、後に「紅茶の神様」と呼ばれるジェームス・テーラーです。

☆ブランド紅茶
アシュビーズ       アーマッド    →ウィッタード
ウィリアムソン&マゴー ウェッジウッド  →エディアール
シェ・モア         →スタッセン    →セントジェームス
トワイニング       →東インド会社   →ハロッズ
ビューリーズ        →フォション →フォートナム&メイソン
ブローディーズ      →ベッジュマン&バートン
テイラーズ オブ ハロゲイト     →マリアージュ フレール

紅茶ってなに?
紅茶の歴史
紅茶の種類
ブランド紅茶
おいしい入れ方
世界の紅茶生活
紅茶の健康効果


〇おいしい紅茶の種類
・ダージリン(1)(2)(3)(4)(5)
 1 ダージリンとは?
 2 ダージリンの香りとコク
 3 ダージリンの歴史
 4 ダーリンの旬
  4-1 ファーストラッシュ
  4-2 セカンドフラッシュ
  4-3 オータムナル
 5 ダージリンの茶園
  5-1 ジュバンナ(ジャンパナ)
  5-2 キャッスルトン
・アッサム(1)(2)(3)
 1 アッサムとは?
 2 アッサムはミルクティーに最適
 3 アッサムの歴史
・ニルギリ(1)(2)(3)
 1 ニルギリとは?
 2 ニルギリは利用方法が幅広い
 3 ニルギリの歴史
・ウバ(1)(2)(3)
 1 ウバとは?
 2 ウバは強い渋みと水色の濃さ
 3 ウバの歴史
・ヌワラエリヤ(1)(2)(3)
 1 ヌワラエリヤとは?
 2 ヌワラエリヤは渋み香りの強い
 3 ヌワラエリヤの歴史
・キャンディ(1)(2)(3)
 1 キャンディとは?
 2 キャンディはアイスティーに最適
 3 キャンディの歴史
・ディンブラ(1)(2)(3)
 1 ティンブラとは?
 2 ティンブラを楽しむ
 3 ティンブラの歴史
・キーマン(1)(2)(3)
 1 キーマンとは?
 2 世界三大銘茶の一つ キーマン
 3 キーマンの歴史
・アールグレイ(1)(2)(3)
 1 アールグレイとは?
 2 アンティークな紅茶アールグレイ
 3 アンティークの歴史
・ルフナ(1)(2)(3)
 1 ルフナとは?
 2 ルフナの歴史
・ジャワ(1)(2)
 1 ジャワとは?
 2 ジャワの魅力
・ラプサンスーチョン1)(2)(3)
 1 ラブサンスーチョンとは?
 2 ラブサンスーチョンの味わい
 3 ラブサンスーチョンの歴史
・ケニア(1)(2)(3)
 1 ケニアとは?
 2 ケニアの生産
 3 ケニアの歴史