紅茶の種類    2 ティンブラを楽しむ
☆世界の紅茶生活
イギリスの紅茶生活        ⇒インドの紅茶生活     ⇒スリランカの紅茶生活
ロシアの紅茶生活 part1     ロシアの紅茶生活 part2  ⇒フランスの紅茶生活        ⇒中国 台湾の紅茶生活  ⇒ジャワ・マレー半島の紅茶生活
〇おいしい紅茶の種類
 2 ティンブラを楽しむ

 スリランカ中央山岳地帯の南西部にあるディンブラ地方は、ミディアム・グロウンからハイ・グロウンにかけた1200mの区間に茶園が広がります。
 ディンブラ地方には、1から2月にスリランカ特有の季節風が吹き、それが山岳地帯にあたり、乾いた風を運んできます。
この時期が、クオリティーシーズンにあたり、茶葉にバラのようなフラワリーな香りをつけてくれます。
 それ以外には年間を通じて季節による茶葉の変質は見られず、味わいにブレはありません。つまり、安定した品質の茶葉が楽しめます。
 ディンブラの茶葉はダージリン茶のような強い香りもなければ、アッサム茶のような濃厚さもありません。
 しかし、このオーソドックスな味わいこそがディンブラ茶の最大の魅力なのです。


 味わいは強すぎず、スッっとのど元を通り過ぎる中程度の渋みを持っています。
 水色はオレンジがかった深い赤、ほんのりとしたフラワリーな香り。
紅茶ならではの標準的な味わいがバランスよく組み合わさり、飲みやすいです。
 ブラックティーで標準的な紅茶の味わいを堪能してもよいですし、ミルクティーで水色を美しいクリームブラウンに変えてもおいしくいただけます。
 スリランカでは代表する産地である、ディンブラも、日本ではまだまだあまり知られていません。
 しかし、紅茶のブレンドをするティーパッカーには人気がある紅茶なのです。
 強い個性をもたないことこそが、さまざまな茶葉とブランドするとには、おおきなメリットとなるのです。
 紅茶ならではの特徴を残しつつ、ほかの茶葉の個性を尊重するワザをもっているのはこのディンブラのすごいところなのです。
☆世界の紅茶生活
イギリスの紅茶生活        ⇒インドの紅茶生活
スリランカの紅茶生活
ロシアの紅茶生活 part1     ロシアの紅茶生活 part2
フランスの紅茶生活        ⇒中国 台湾の紅茶生活
ジャワ・マレー半島の紅茶生活

紅茶ってなに?
紅茶の歴史
紅茶の種類
ブランド紅茶
おいしい入れ方
世界の紅茶生活
紅茶の健康効果


〇おいしい紅茶の種類
・ダージリン(1)(2)(3)(4)(5)
 1 ダージリンとは?
 2 ダージリンの香りとコク
 3 ダージリンの歴史
 4 ダーリンの旬
  4-1 ファーストラッシュ
  4-2 セカンドフラッシュ
  4-3 オータムナル
 5 ダージリンの茶園
  5-1 ジュバンナ(ジャンパナ)
  5-2 キャッスルトン
・アッサム(1)(2)(3)
 1 アッサムとは?
 2 アッサムはミルクティーに最適
 3 アッサムの歴史
・ニルギリ(1)(2)(3)
 1 ニルギリとは?
 2 ニルギリは利用方法が幅広い
 3 ニルギリの歴史
・ウバ(1)(2)(3)
 1 ウバとは?
 2 ウバは強い渋みと水色の濃さ
 3 ウバの歴史
・ヌワラエリヤ(1)(2)(3)
 1 ヌワラエリヤとは?
 2 ヌワラエリヤは渋み香りの強い
 3 ヌワラエリヤの歴史
・キャンディ(1)(2)(3)
 1 キャンディとは?
 2 キャンディはアイスティーに最適
 3 キャンディの歴史
・ディンブラ(1)(2)(3)
 1 ティンブラとは?
 2 ティンブラを楽しむ
 3 ティンブラの歴史
・キーマン(1)(2)(3)
 1 キーマンとは?
 2 世界三大銘茶の一つ キーマン
 3 キーマンの歴史
・アールグレイ(1)(2)(3)
 1 アールグレイとは?
 2 アンティークな紅茶アールグレイ
 3 アンティークの歴史
・ルフナ(1)(2)(3)
 1 ルフナとは?
 2 ルフナの歴史
・ジャワ(1)(2)
 1 ジャワとは?
 2 ジャワの魅力
・ラプサンスーチョン1)(2)(3)
 1 ラブサンスーチョンとは?
 2 ラブサンスーチョンの味わい
 3 ラブサンスーチョンの歴史
・ケニア(1)(2)(3)
 1 ケニアとは?
 2 ケニアの生産
 3 ケニアの歴史