おいしい紅茶の種類      Home Mail  Site Map

Topページ
What History Healing Kinds
〇世界の紅茶生活

・イギリスの紅茶生活
 イギリスでは一日に7回お茶の時間があります

〇アフタヌーンティーは上流階級、ハイティーは庶民のもの
 British as tea for breakjast という慣用句を辞書で検索すると、
〔きわめてイギリス的な〕という意味と出ています。
朝食の時のお茶が、イギリスで絶対にかかせないものだということがわかります。目覚めのアーリーモーニングティーから就寝前のナイトティーまで、イギリス人は1日に7〜8回紅茶を飲みます。
 具体的には、目覚めのお茶に始まり、朝食時、仕事や家事の合間、昼食時、
アフタヌーンティー(3時ころ)、週末なら食事をかねた5時のお茶、夕食の後、
就寝時っといったところでしょうか。
 イギリスでの喫茶の始まりは17世紀。チャールズ2世のもとにとついできた
ポルトガルの王女キャサリンが、母国で盛んだったティーパーティーをたびたび開いたことが最初といわれています。これは当時のイギリスの上流社会にとって、センセーショナルな出来事でした。
●世界の紅茶生活
・イギリスの紅茶生活
・インドの紅茶生活
・スリランカの紅茶生活
・ロシアの紅茶生活 part1
・ロシアの紅茶生活 part2
・フランスの紅茶生活
・中国・台湾の紅茶生活
・ジャワ・マレー半島の紅茶生活