おいしい紅茶の種類
Topへ
◇フレーバードについて
花や果物の香りをプラス

〜花や果物の香りをふんだんにプラス〜

 茶葉同士のブレンド以外に、私たちに身近なお茶としてフレーバーティーがあります。その代表は、紅茶に柑橘系ベルガモットの香りをプラスしたアールグレイです。

 果物や花、ハーブをプラスしたこの種のお茶には、実は2種類あるのです。

 第一は、フレーバード(着香)しただけのお茶。これは人工香料を茶葉に吹き付けているだけのものもあり、果実の香りのお茶でも、必ずしもその果実を加えていないというものがあります。

 第二は、果物やハーブそのものを乾燥させ、茶葉に混ぜているお茶。第一の方法と第二の方法両方を駆使したものもあります。飲みなれている紅茶にハーブなどを加えて、オリジナルブレンドを作ってみるのも楽しいでしょう。その場合、乾燥させたハーブやフルーツをを茶葉と一緒にポットに入れる方法がもっとも強く香りがでます。