おいしい紅茶の種類       Home Mail  Site Map

Topページ
What History Healing Kinds
〇おいしい紅茶の入れ方

 ●紅茶をおいしいく入れる水とは?
   1)水の硬度 〜紅茶に適した軟水と不向きな硬水〜

 軟水か硬水かを決めるのは、水に溶けている酸化カルシウムの量です。酸化カルシウム量が多い水を硬水、少ない水を軟水といいます。
 この水の質を表す単位を「硬度」といい、100ccの水に酸化カルシウムが1mg溶け込んでいる状態を硬度1度とあらわします。
 硬水に多く含まれる酸化カルシウムは、紅茶のおいしさのもととなるタンニンが溶けるのを防げ、本来の香りや水色が浸出しないようにしてしまうのです。日本の水は酸化カルシウムの少ない軟水ですので、香気の高い茶葉を十分に味わうことが可能となるのです。
〇おいしい紅茶の入れ方
 ●ゴールデンルール
 ●21世紀版ゴールデンルール
 ●ブラックティーのおいしい入れ方
 ●イングリッシュミルクティ のおいしい入れ方
 ●インド風チャイ のおいしい入れ方
 ●アイスティー のおいしい入れ方
  1) クリームダウンを防ぐ
  2) 美しい水色を残す
  3) 水だし紅茶の入れ方
  4) 熱湯+水出しの入れ方
 ●ティーバッグのおいしい入れ方
 ●おいしい入れ方 ジャンピング運動
 ●おいしい入れ方 茶葉の量
 ●ミルクティーに最適な牛乳とは?
 ●ホットウォータージャグってなに?
 ●紅茶をおいしいく入れる水とは?
   1)水の硬度
   2)市販ミネラルウォーターの水
   3)汲み置きの水 汲み置きの水
   4)水の選定