おいしい紅茶の種類
Topへ
◇紅茶の成り立ち
そもそも紅茶とは?
◆そもそも紅茶とは? 
日本語で『紅茶』と呼ぶお茶を、英語では『
Black Tea』と呼びます。日本語の『紅茶』という名は、世界のお茶のルーツである中国からきたもの。中国ではお茶を発酵度の違いと、茶葉や茶液の色で分類されます。緑茶は発酵させないため生葉の緑色を残したお茶、紅茶は発酵の結果、茶葉と茶液が紅くなったお茶ということなのです。

 
一方、昔中国からヨーロッパへお茶が運ばれた時、長い船足袋の間に緑茶が自然に発酵して紅茶になったいう一説があります。これは真実と言い切ることはできませんが、当時運ばれたお茶が緑茶だったのは事実のようです。緑茶は劣化が早く、空気に触れると瞬く間に変色します。包装技術もない時代、長らく船倉に詰め込まれていた緑茶が、Black(黒)に変色したことは大いに考えられます。
 
その後、中国では劣化しにくい発酵茶の製茶法が確立し、輸出用に用いられるようになります。遠くヨーロッパまで運ばれる茶葉は、十分に発酵させ、強く焙煎しっために黒光していたという説がある。さらに、茶葉をたっぷり使い、真っ黒になるほど濃くいれたお茶を飲むことが上流階級だけに許された贅沢だったようです。お茶=黒いものっと名付けられたことが、Black Tea という名の由来と考えられます。

◆紅茶とはなんだろう?
 〜私たちの生活にとけこんでいるさまざまなお茶たち。 
       紅茶と烏龍茶、緑茶の違いは「発酵」の違い〜

◇紅茶が作られる茶の木
   日本茶、中国茶も同じ木から
 福建省武威山の山岳地と中国東南部の産地である雲南省周辺が、茶の木の産地だといわれています。ここから製法や発酵の異なるたくさんのお茶が生まれました。緑茶、黄茶、紅茶、烏龍茶のような青茶は、同じ茶の木が元となっています。
 いまでも、雲南省南部の標高2600メートルの地には、野生大茶樹と呼ばれる高さ30メートルの自生の茶樹が残っています。
 学名でカメリア・シネンシスといわれるツバキ科の植物から茶は生まれます。平地だけでなく、標高2000メートルの高地でも栽培ができ、インドやスリランカなど温暖で雨の多い地域を中心に栽培されます。
 茶の木は大きく2種類にわけられます。紅茶向きのインド茶(アッサム種)と緑茶向きの中国茶です。ダージリンを除くインドやスリランカで栽培されている品種はインド茶に含まれます。熱帯地方の直射日光を浴びて、紅茶の渋み成分であるタンニンが多い、良質の茶葉となります。

◇どう発酵したかで茶の種類が決定する
 どのようにして1本の木から紅茶、烏龍茶、緑茶がつくりわけされていくのかについて紹介させていただきます。
 紅茶の茶葉は原型が残っておらず、ねじれるようにしおれて茶色に変形しています。これは酸化発酵によるもので、発酵が進むと、茶葉は緑からこげ茶、黒褐色へ変化していきます。発酵の違いによって緑茶、烏龍茶、紅茶の特徴が出てきます。
 生葉を完全に発酵させた茶葉(完全発酵茶)が紅茶にあたり、一定の時間だけ発酵させた中間的な茶葉(半発酵茶)が烏龍茶や鉄観音に、発酵しないように蒸したり、炒ったりする茶葉(不完全発酵茶)が日本茶や清茶になります。
 時間をかけてじっくり発酵することで、紅茶特有のフルーティーでフラワリーな香りが作り出されるのです。
INDEX
◇13種類のリーフティーダージリンニルギリヌワラエリヤディンブララプサンスーチョンジャワルフナアッサムウバキャンディキーマンケニアアールグレイ
◇ブランド紅茶・マリアージュ フレールハロッズ・アシュビーズ・ウィッタード・トワイニングフォートナム&メイソン、フォションウェッジウッド東インド会社ビューリーズ、エディアール
◇世界の紅茶生活イギリスの紅茶生活スリランカの紅茶生活ロシアの紅茶生活 part1ロシアの紅茶生活 part2中国・台湾の紅茶生活インドの紅茶生活フランスの紅茶生活ジャワ・マレー半島の紅茶生活
◇紅茶のおいしい入れ方・21世紀版ゴールデンルール・ゴールデンルール・アイスティー・インド風チャイ・インド風チャイ・イングリッシュミルクティ・イングリッシュミルクティ・ブラックティー・ティーバックおいしい水の選定ホットウォータージャグジャンピング運動・茶葉の量ミルクティーに最適な牛乳とは?
◇紅茶の歴史・そもそも紅茶とは?色で知る紅茶製法の違いオーソドックス製法で作られる茶葉CTC製法にて作られる茶葉紅茶のおいしい季節 旬?紅茶の作られ方世界三大銘茶茶葉の形状・グレード紅茶の聖地〜紅茶の女王〜ダージリン派? アッサム派?アイスティーの誕生
◇3人のトーマス偉人伝トーマス・トワイニングトーマス・リプトントーマス・ギャラウェー
◇茶器の歴史と茶道具茶器のルーツカップに持ち手はない?茶器が華麗を極める【ノリタケ】の歴史ポットの選び方ティーテーブル自由モダン新鮮な紅茶を本国へ
◇ブレンドについてブレンドバーティーブレンドの草分け気分に合わせてイメージ重視のブレンド
◇アレンジティーミントティークローブティーしょうが紅茶ローズティーオレンジティーストロベリーティー楽しいフレーバードティー花や果物の香りをプラス
◇ウエッジウッド名窯ウェッジウッドの歩み美しい白の器を作った金字塔技術と芸術、革新と伝統◇ブランド茶器・茶道具:・ミントン
◇紅茶の健康効果茶カテキン(タンニン)効果カフェインは体に悪いのか?スパイスとハーブ◇こだわり茶器・茶道具ティポットの選び方ティーポットティーグッズ
◇伝統お菓子の選び方ショートブレッドスコーンパーキンフラップジャックダンディケーキ焼き菓子・パン・ケーキ