おいしい紅茶の種類
Topへ
◇紅茶のおいしい入れ方
ブラックティー

〜香り高く、おいしく紅茶をいれるためには〜

 
ブラックティーのおいしい入れ方をマスターしましょう。茶葉の種類や形状によって蒸らし時間を変える必要がありますが、基本原則はすべてのお茶に共通していて、「ゴールデンルール」にのっとていれること。
 つまり、香りや風味を十分に引き出す「ジャンピング」が起こりやすい環境を作ることです。お湯は汲みたての水を沸かし、泡が大きくなったタイミングで。ポットは保温性が高く、丸い形のものをよく温めて使用しましょう。

おいしく入れる手順
@ 最初にポットをよく温める。熱湯をポットの半分以上注ぎ、フタをしてしばらくおき、蒸気で内部を温める。カップにもお湯をそそいで温めておく。
A お湯を捨てて、茶葉をポットへ投入する。1人分140ccに茶葉2gが目安。2gはティースプーンに軽い山盛り1杯。大きな茶葉は多めに。
B 汲みたて、沸かしたてのお湯をポットへ注ぐ。日本の水道水は軟水なので、少し硬度のある水を選ぶと、ヨーロッパ紅茶に近い風味に。
C ジャンピングが起こりやすい状況を作る。熱湯を注ぐと茶葉はいったん浮き上がり、そこから徐々に下がり、ジャンピングが始まる
D ポット内部を高温に保つために、フタをし、ティーコジーをかけて蒸らす。ティーパーティーでも、コジーをかけて、お茶が冷めないように。

E カップへ、ティーストレーナーを使って注ぎ分ける。ポットを回したりせず、静かに傾けながら、カップの7〜8分目まで注ぐ。


◇13種類のリーフティー
・ダージリン ・ニルギリ ・ヌワラエリヤ ・ディンブラ ・ラプサンスーチョン ・ジャワ ・ルフナ
・アッサム ・ウバ ・キャンディ ・キーマン ・ケニア アールグレイ
◇ブランド紅茶
・マリアージュ フレール ハロッズ ・アシュビーズ ・ウィッタード ・トワイニング
フォートナム&メイソン フォション ・ウェッジウッド ・東インド会社 ・ビューリーズ
◇世界の紅茶生活
・イギリスの紅茶生活 ・スリランカの紅茶生活 ・ロシアの紅茶生活 part2 ・中国・台湾の紅茶生活
・ジャワ・マレー半島の紅茶生活 ・フランスの紅茶生活 ・ロシアの紅茶生活 part1 ・インドの紅茶生活
◇紅茶のおいしい入れ方
・21世紀版ゴールデンルール ・ゴールデンルール ・アイスティー ・インド風チャイ ・インド風チャイ
・イングリッシュミルクティ ・イングリッシュミルクティ ・ブラックティー ・ティーバック