おいしい紅茶の種類
Topへ
◇世界の紅茶生活
ロシアの紅茶生活 part1

〜団欒のシーンには、必ず〔サモワール〕があった〜

 ロシアの紅茶シーンで、真っ先に思い浮かぶのが、湯沸し機サワール。
温かな湯気をたてるサモワールを囲み、菓子や料理を味わいながらの団欒。そんなシーンが描かれたロシアの文学や映画作品は多いけれど、現代の生活では、サモワールはほとんど見られなくなっています。
 とはいえ、サモワールが象徴する温かいロシア流のもてなしや、お茶の時間を楽しむのは習慣は健在です。

 ロシアのお茶会のキーワードは、お茶もお菓子もとにかくたっぷりと。
お茶の銘柄やグレード、マナーにはそれほどこだわりませんが、お茶やお菓子がたっぷりだされないと、ゲストは〔歓迎されていない〕と思ってしまうのだそうです。お茶うけは、ビスケットやワッフル、リンゴなどの果物を焼きこんだケーキなど。人数分よりかなり多めに、手づくりのケーキも切り分けたりせず、必ずホールのままテーブルにだします。

 ジャムや季節のフルーツも並び、テーブルの上はかなりにぎやか、時間帯や客に腹具合によっては、ボルシチなどの食事も準備されます。

INDEX
◇13種類のリーフティーダージリンニルギリヌワラエリヤディンブララプサンスーチョンジャワルフナアッサムウバキャンディキーマンケニアアールグレイ
◇ブランド紅茶・マリアージュ フレールハロッズ・アシュビーズ・ウィッタード・トワイニングフォートナム&メイソン、フォションウェッジウッド東インド会社ビューリーズ、
エディアール

◇世界の紅茶生活イギリスの紅茶生活スリランカの紅茶生活ロシアの紅茶生活 part1ロシアの紅茶生活 part2中国・台湾の紅茶生活インドの紅茶生活フランスの紅茶生活ジャワ・マレー半島の紅茶生活
◇紅茶のおいしい入れ方・21世紀版ゴールデンルール・ゴールデンルール・アイスティー・インド風チャイ・インド風チャイ・イングリッシュミルクティ・イングリッシュミルクティ・ブラックティー・ティーバックおいしい水の選定
◇紅茶の歴史・そもそも紅茶とは?色で知る紅茶製法の違いオーソドックス製法で作られる茶葉CTC製法にて作られる茶葉紅茶のおいしい季節 旬?紅茶の作られ方世界三大銘茶茶葉の形状・グレード紅茶の聖地〜紅茶の女王〜ダージリン派? アッサム派?
◇3人のトーマス偉人伝トーマス・トワイニングトーマス・リプトントーマス・ギャラウェー
◇茶器の歴史と茶道具茶器のルーツカップに持ち手はない?茶器が華麗を極める【ノリタケ】の歴史ポットの選び方ティーテーブル自由モダン新鮮な紅茶を本国へ
◇ブレンドについてブレンドバーティーブレンドの草分け気分に合わせてイメージ重視のブレンド
◇アレンジティーミントティークローブティーしょうが紅茶ローズティーオレンジティーストロベリーティー楽しいフレーバードティー花や果物の香りをプラス
◇ウエッジウッド名窯ウェッジウッドの歩み美しい白の器を作った金字塔技術と芸術、革新と伝統◇ブランド茶器・茶道具:・ミントン
◇紅茶の健康効果茶カテキン(タンニン)効果カフェインは体に悪いのか?◇こだわり茶器・茶道具ティポットの選び方ティーポットティーグッズ
◇紅茶の健康効果ショートブレッドスコーンパーキンフラップジャックダンディケーキ焼き菓子・パン・ケーキ