おいしい紅茶の種類
Topへ
◇世界の紅茶生活
フランスの紅茶生活

〜この国の紅茶の歴史は〔太陽王〕から始まった〜

 フランスに紅茶が伝えられたのは1636年。もっとも早い時期から紅茶を愛飲したのが太陽王ルイ14世(1643〜1715年在位)です。ニコラ・マリアージュはこのルイ14世の命により、ペルシャとの通商条約調印のための使節団のメンバーに選ばれ、たびたびペルシャやインドを旅しました。

 その後、マリアージュ家は紅茶や香辛料の商いを営むこととなります。
1854年、アンリとエドアールの兄弟は紅茶専門店〔マリアージュ フレール〕を創業。フランス初の茶輸入業者として、格式高いホテルや高級食品店へお茶をだすようになり、フランスでも本格的なお茶の時代がスタートしました。
創業以来、お茶の魅力を見極めてきたアンリ・マリアージュは示唆に富んだ言葉をいくつも残しています。

【お茶は高貴な飲み物である】

 お茶をいれる支度は技術と伝統が出会う芸術であるというのもそのひとつ。
昔ながらのたたずまいを見せるパリ本店には、回転当時から使われている調度品が飾られ、独特の雰囲気をかもし出しています。
優雅な空間で、美しい茶道具を用い、上質の茶葉をていねいにいれて味わうのが、本当のお茶の楽しみ方であるという彼の考え方が無言のうちに伝わってきます。

INDEX
◇13種類のリーフティーダージリンニルギリヌワラエリヤディンブララプサンスーチョンジャワルフナアッサムウバキャンディキーマンケニアアールグレイ
◇ブランド紅茶・マリアージュ フレールハロッズ・アシュビーズ・ウィッタード・トワイニングフォートナム&メイソン、フォションウェッジウッド東インド会社ビューリーズ、
エディアール

◇世界の紅茶生活イギリスの紅茶生活スリランカの紅茶生活ロシアの紅茶生活 part1ロシアの紅茶生活 part2中国・台湾の紅茶生活インドの紅茶生活フランスの紅茶生活ジャワ・マレー半島の紅茶生活
◇紅茶のおいしい入れ方・21世紀版ゴールデンルール・ゴールデンルール・アイスティー・インド風チャイ・インド風チャイ・イングリッシュミルクティ・イングリッシュミルクティ・ブラックティー・ティーバックおいしい水の選定
◇紅茶の歴史・そもそも紅茶とは?色で知る紅茶製法の違いオーソドックス製法で作られる茶葉CTC製法にて作られる茶葉紅茶のおいしい季節 旬?紅茶の作られ方世界三大銘茶茶葉の形状・グレード紅茶の聖地〜紅茶の女王〜ダージリン派? アッサム派?
◇3人のトーマス偉人伝トーマス・トワイニングトーマス・リプトントーマス・ギャラウェー
◇茶器の歴史と茶道具茶器のルーツカップに持ち手はない?茶器が華麗を極める【ノリタケ】の歴史ポットの選び方ティーテーブル自由モダン新鮮な紅茶を本国へ
◇ブレンドについてブレンドバーティーブレンドの草分け気分に合わせてイメージ重視のブレンド
◇アレンジティーミントティークローブティーしょうが紅茶ローズティーオレンジティーストロベリーティー楽しいフレーバードティー花や果物の香りをプラス
◇ウエッジウッド名窯ウェッジウッドの歩み美しい白の器を作った金字塔技術と芸術、革新と伝統◇ブランド茶器・茶道具:・ミントン
◇紅茶の健康効果茶カテキン(タンニン)効果カフェインは体に悪いのか?◇こだわり茶器・茶道具ティポットの選び方ティーポットティーグッズ
◇紅茶の健康効果ショートブレッドスコーンパーキンフラップジャックダンディケーキ焼き菓子・パン・ケーキ