おいしい紅茶の種類
Topへ
◇紅茶の健康効果
茶カテキン(タンニン)効果

〜紅茶の健康効果〜

 17世紀、お茶がヨーロッパにもたらされて以来、人体にいい影響を与えるものか、外をおよぼすものかの議論が盛んになってきました。現代では、紅茶に含まれる多くの成分が私たちの体に良好な効果をもたらすことが、研究によって証明されています。
 紅茶には、数百の成分が含まれますが、主要なものはタンニン、カフェイン、テアニンの3つ。そのうち、健康効果が注目されているのは、タンニンとカフェインでしょう。


 〜タンニン(茶カテキン)に期待できる効果〜

 タンニンはカテキンとも呼ばれる紅茶の渋みの成分です。
このカテキンは、発酵の過程で分子結合を起こし、一部がポリフェノールへと変化し、「紅茶フラボノイド」を生成します。
 カテキンについては、近年画期的な健康効果が発表されています。
 体のサビといわれる活性酸素の発生を抑える抗酸化作用が高く、ガンの発生を抑える効果もみとめられています。さらに、カテキンには、血中コレストロールを抑え、内臓脂肪を減らす効果もあることが発表され、注目を集めています。紅茶を飲み続けることは、生活習慣病の予防につながるいうことともいえるのです。
INDEX
◇13種類のリーフティーダージリンニルギリヌワラエリヤディンブララプサンスーチョンジャワルフナアッサムウバキャンディキーマンケニアアールグレイ
◇ブランド紅茶・マリアージュ フレールハロッズ・アシュビーズ・ウィッタード・トワイニングフォートナム&メイソン、フォションウェッジウッド東インド会社ビューリーズ、
エディアール

◇世界の紅茶生活イギリスの紅茶生活スリランカの紅茶生活ロシアの紅茶生活 part1ロシアの紅茶生活 part2中国・台湾の紅茶生活インドの紅茶生活フランスの紅茶生活ジャワ・マレー半島の紅茶生活
◇紅茶のおいしい入れ方・21世紀版ゴールデンルール・ゴールデンルール・アイスティー・インド風チャイ・インド風チャイ・イングリッシュミルクティ・イングリッシュミルクティ・ブラックティー・ティーバックおいしい水の選定
◇紅茶の歴史・そもそも紅茶とは?色で知る紅茶製法の違いオーソドックス製法で作られる茶葉CTC製法にて作られる茶葉紅茶のおいしい季節 旬?紅茶の作られ方世界三大銘茶茶葉の形状・グレード紅茶の聖地〜紅茶の女王〜ダージリン派? アッサム派?
◇3人のトーマス偉人伝トーマス・トワイニングトーマス・リプトントーマス・ギャラウェー
◇茶器の歴史と茶道具茶器のルーツカップに持ち手はない?茶器が華麗を極める【ノリタケ】の歴史ポットの選び方ティーテーブル自由モダン新鮮な紅茶を本国へ
◇ブレンドについてブレンドバーティーブレンドの草分け気分に合わせてイメージ重視のブレンド
◇アレンジティーミントティークローブティーしょうが紅茶ローズティーオレンジティーストロベリーティー楽しいフレーバードティー花や果物の香りをプラス
◇ウエッジウッド名窯ウェッジウッドの歩み美しい白の器を作った金字塔技術と芸術、革新と伝統◇ブランド茶器・茶道具:・ミントン
◇紅茶の健康効果茶カテキン(タンニン)効果カフェインは体に悪いのか?◇こだわり茶器・茶道具ティポットの選び方ティーポットティーグッズ
◇紅茶の健康効果ショートブレッドスコーンパーキンフラップジャックダンディケーキ焼き菓子・パン・ケーキ