おいしい紅茶の種類
Topへ
◇紅茶の健康効果
カフェインは体に悪いのか?

〜カフェインは体に悪いの?〜

 カフェインには、大脳を刺激し、覚醒する作用や利尿作用があります。
疲労時に紅茶を飲むと疲れを感じにくくなり、新陳台車が促進され、
集中力を高めるのはこのためです。

 また、紅茶に含まれるカフェインの量は、一日数杯であれば、
ほとんど悪影響を及ぼすほどものではないことも証明されています。
 
 このほかに紅茶には、ビタミンA、ビタミンB群も含まれています。
さらに、体を温める効果にすぐれていて、風邪の引きはじめに飲むと効果があるといわれます。