おいしい紅茶の種類
Topへ
◇お菓子の選び方
スコーン

〜スコーン〜
 南西部発祥で、クローテッドクリームをつけて食べますが、カランツやレーズンを入れたものは北の発祥。

【材料】5cm径10個分程度
薄力粉/250g
ベーキングパウダー/小さじ3
塩/軽く一つまみ程度
バター/70g
牛乳/180cc
【作り方】
@薄力粉にバターを加えてこねる。
A@に牛乳をいれ、手でこねる。
B打ち粉をした上でなめらかになるまで、さらによくこねる。
CBを麺棒で1.5cm〜2cmの厚さに伸ばし、型でぬく。
D160℃に温めたオーブンにCを入れ、20分焼く。

 スコーンとクローテッドクリームとクリームティーについて
スコットランド発祥のスコーン。素朴な焼き菓子ですが、アフタヌーンティーには欠かせない存在で、イギリスの女の子は母親からまずスコーンの焼き方を教わるとか。
このスコーンとともに楽しまれるのが、クローテッドクリーム。
 乳脂肪分の高い、濃厚な固まったクリームで、コーンウォール、デボンシャーなど
イギリス南西部の特産品です。ポロッとしたスコーンにこのクリームをつけて口に含むと、しっとりと風味豊かな味に、ミルクティーとの相性も抜群です。

 主産地の名前から〔デボンシャークリーム〕とも呼ばれ妖精がデボンシャーの人たちにクリームづくりを教えたという伝説が残っています。
ちなみに、〔クリームティー〕とは、紅茶とクローテッドクリーム付きのスコーンセットの呼び方です。