おいしい紅茶の種類
Topへ
◇3人のトーマス偉人伝
トーマス・トワイニング

◆紅茶を世界商品に押し上げた〜3人のトーマス偉人伝〜

・【トーマス・トワイニング】 草分けトーマスは、女性を味方につけた

 1717年、ロンドン・ストランド街にある「トムズ・コーヒーハウス」の隣に、イギリスで最初の紅茶専門店「ゴールデン・ライオン」がオープンしました。両店のオーナーはトーマス・トワイニングです。11年前にコーヒーハウスをオープンした当初、1ペニー払えば男性なら誰でも出入りでき、自由に雑誌や新聞を読むことの出来る情報収集の場として好評で、作家、詩人、弁護士など上流階級の著名人たちで賑わいをみせまいした。たちまちロンドンには約2000軒が誕生したそうです。
 トワイニングはコーヒーハウスの成功だけに満足せず、紅茶が中産階級にも普及していくことを予見し、紅茶を量り売りする店を開き、女性も利用できるようにしました。トワイニングも目論見はあたっていて、「ゴールデン・ライオン」には毎日多くの女性客が訪れるようになり、紅茶専門店へと変わっていきました。
 家業は彼の子孫に受け継がれ、順調に発展。4代目のリチャードは政府に紅茶税を廃止すべきと迫って減税法を成立させ、翌年から紅茶の消費量は記録的に増大しました。1837年のヴィクトリア女王の即位に際し、王室御用達の栄誉が授けられました。初代以来、トーマス・トワイニングの直系の子孫が経営に当たり、現在は9代目。イギリスでもっとも古い紅茶商として知られ、全世界96カ国に紅茶を販売しています。