おいしい紅茶の種類
Topへ
◇紅茶の成り立ち
色で知る紅茶製法の違い
 茶葉は、摘んだ後そのままに置いておくと、葉の中にもつ酵素の働きで酸化(発酵)してしまいます。この働きを生かしたものを発酵茶、止めたものを不発酵茶と呼びます。不発酵茶とは緑茶のころ。また、酸化酵素を一定レベルまで働かせて止めるのが半発酵茶で、茶葉がわずかに青みがかることから青茶と分類されますが、一般てきにはウーロン茶とも総称されるものです。これらに対して、紅茶は、酸化酵素をフル稼働させ、完全発酵させたお茶なのです。

 具体的には、摘んだ茶葉は日陰に干し、水分を50%程度抜きます。その後、機会を使って葉を強く揉み、葉汁をだして組織を壊し酸化しやすくします。次にローターバンという機械で葉に細かい切れ目を入れて、さらに発酵しやすくします。後は発酵棚で発酵を待ち、乾燥して仕上げます。

INDEX
◇13種類のリーフティーダージリンニルギリヌワラエリヤディンブララプサンスーチョンジャワルフナアッサムウバキャンディキーマンケニアアールグレイ
◇ブランド紅茶・マリアージュ フレールハロッズ・アシュビーズ・ウィッタード・トワイニングフォートナム&メイソン、フォションウェッジウッド東インド会社ビューリーズ、エディアール
◇世界の紅茶生活イギリスの紅茶生活スリランカの紅茶生活ロシアの紅茶生活 part1ロシアの紅茶生活 part2中国・台湾の紅茶生活インドの紅茶生活フランスの紅茶生活ジャワ・マレー半島の紅茶生活
◇紅茶のおいしい入れ方・21世紀版ゴールデンルール・ゴールデンルール・アイスティー・インド風チャイ・インド風チャイ・イングリッシュミルクティ・イングリッシュミルクティ・ブラックティー・ティーバックおいしい水の選定ホットウォータージャグジャンピング運動・茶葉の量ミルクティーに最適な牛乳とは?
◇紅茶の歴史・そもそも紅茶とは?色で知る紅茶製法の違いオーソドックス製法で作られる茶葉CTC製法にて作られる茶葉紅茶のおいしい季節 旬?紅茶の作られ方世界三大銘茶茶葉の形状・グレード紅茶の聖地〜紅茶の女王〜ダージリン派? アッサム派?アイスティーの誕生
◇3人のトーマス偉人伝トーマス・トワイニングトーマス・リプトントーマス・ギャラウェー
◇茶器の歴史と茶道具茶器のルーツカップに持ち手はない?茶器が華麗を極める【ノリタケ】の歴史ポットの選び方ティーテーブル自由モダン新鮮な紅茶を本国へ
◇ブレンドについてブレンドバーティーブレンドの草分け気分に合わせてイメージ重視のブレンド
◇アレンジティーミントティークローブティーしょうが紅茶ローズティーオレンジティーストロベリーティー楽しいフレーバードティー花や果物の香りをプラス
◇ウエッジウッド名窯ウェッジウッドの歩み美しい白の器を作った金字塔技術と芸術、革新と伝統◇ブランド茶器・茶道具:・ミントン
◇紅茶の健康効果茶カテキン(タンニン)効果カフェインは体に悪いのか?スパイスとハーブ◇こだわり茶器・茶道具ティポットの選び方ティーポットティーグッズ
◇伝統お菓子の選び方ショートブレッドスコーンパーキンフラップジャックダンディケーキ焼き菓子・パン・ケーキ