おいしい紅茶の種類
Topへ
◇紅茶をおいしく入れる水
おいしい紅茶を入れるための水の選定

◆紅茶の水 水の選定
 〜おいしい紅茶を入れるためには〜

 古来、中国ではお茶に適した良質の泉水を求めてはるか遠方まで出かけたといわれています。確かにマズイ水を使っておいしい紅茶が入れられるわけはないのですが、いったい紅茶に適した水とはどんな水なのでしょうか。

 最初に結論からいってしまえば、おいしい紅茶を入れるために用意する水は、くみたての水道水です。水道水の赤サビが混ざっていたり、あまりにもカルキ臭が強かったりしなければ、水道水を使って特に問題になる点はありません。
 水に関してしばしば「軟水」「硬水」という言葉を聞きますが、紅茶の味や香り、色を引き出すのは軟水のほうです。一般的にいって、日本の水は軟水ですので、くみたての水を使えばよいわけです。